2010年05月13日

食料品の買い物でも節約できるのです

食料品を買いに行かれるときにできる節約方法をご紹介します。
中には、すでに実践されている内容もあると思いますが、知らなかった
ということがあれば、参考になさってください。

まずは、節約と言えば、基本中の基本のからご紹介します。
「余計なものを買わない」事です。

余計なものを買えば、出費が増えます。
当たり前ですね。

スーパーやディスカウントストアなどに行くと、大して必要ない食料品
であったとしても、特売されていることで、思わず買いたくなったと
いう経験をお持ちではないですか?

近いうちに使うことが分かっていたり、長期間貯蔵できるものである
場合、タイムセールなどで、普通では考えられない値引き・割引が
されていれば、購入する価値がありますが、基本的には、衝動買いは
無駄遣いの元です。
節約の際には十分気をつけるようにしてください。

スーパーなどに行く前に、あらかじめ、何を購入するか決めておき、
メモを作っていくようにしましょう。

お店でどんな魅力的な商品をみつけても買わないようにし、メモした
食品だけを購入します。
このことを徹底するだけでも、節約することが可能です。

次は、少しレベルアップした節約術です。
広告を毎日チェックして、各商品の底値を把握しましょう。
インターネット上で、価格比較サイトがあれば、そちらを参考にされ
てもいいかもしれませんね。

その上で、肉類は、どの店舗の何曜日が安いとか、野菜はどのお店に
いけばく買えるかといった、最安値で購入できるリストを作成して
みましょう。手間はかかりますが、役立つこと間違いありません。

近場で全体的に何でも安く買える店があれば、底値でなくても、全体
的に割安になる場合があります。

というのも、商品自体は底値でなくても、交通費や、買い物の時間が
抑えられれば、トータルでは節約になる可能性があるからです。

つまり、A店では玉子だけが安いけど自宅からは遠く、B店は肉が
安いけど、A店とは自宅をはさんだ反対側にあるといった場合では
ガソリン代や、バス・電車賃などを含めて考えた場合に、節約とは
ならない可能性もあるわけです。

その辺りも併せて計算されるといいでしょう。
効率よく買い物を済ませて、手間も費用も節約しましょう。
posted by マイホームもちま専科 at 09:28| 貯金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
住宅ローン審査基準ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。