2010年05月18日

自動車保険を見直して節約できる?

今回は、自動車をお持ちでない方には、全く役立たない情報です。
自転車や、バス・鉄道といった公共交通機関しか使用していない方には
申し訳ありません。

自動車保険は、素人にとって解りにくい表現が多く使われています。
安いものに見直しをしようと思っても、どこを削って、どこを確保しないと
いけないのか、とても難しいですよね。
値段だけではなく補助サービスもあったりするので、比較が難しいのが
自動車保険です。

まずは、自動車保険の見直しをする前、基礎的な事を勉強しましょう。

自動車保険は、基本的に20段階に分かれています。
それがスライドする事によって、保障も保険料も変化していきます。

自動車保険に加入された時は6等級でスタートします。
一定期間無事故ならば1等級ずつアップしますが、事故を起こせば1回
につき3等級ダウンするといった具合です。

過去に自分が加害者となる自動車事故を起こした人が再度事故を起こす
可能性が高いと判断されてしまうのは、仕方がないことですね。

等級がダウンすると保険料が上がるのですが、等級がアップしたとしても
保険料が上がる場合があります。

保障内容は支払った保険料の分だけ手厚くなりますので、無事故だから
保険料も自動的に下がっているという思い込みは厳禁です。

保険代理店は商売なので、保険加入者全員に対して最高のサービスを
提供したりはしません。
決して口では言いませんがサービスから判断すると、そのようにとられ
ても仕方がないように思えます。

例えば、自動車保険は運転する人の年齢や人数を制限する事で、保険料を
安くできることはご存知だと思います。

35歳以上でかつ、あなた自身しか運転しないのであれば、加入時の
年齢から制限を変更しないと、割高な保険料を支払っていることになる
わけですね。

保険代理店の方から勧めてくれたらいいのですが、あなた自身で判断を
された方が確実かもしれません。

それ以外にも、ゴールド免許をお持ちであれば、保険料が割引になったり、
ABSやエアバックなどの装置がついた安全性が高い車両をお使いであれば
対象の値引きがあったりもします。

これらも担当者が言わないことがありますから、あなたから確認するように
されるといいでしょう。

このような点を気にしながら、満期などの際に自動車保険の見直しをする
事で、保険料を半額にできるケースもあったりします。
posted by マイホームもちま専科 at 09:24| 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
住宅ローン審査基準ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。