2010年05月28日

光熱費を節約するためのノウハウ

節約するのが意外に難しいのが「光熱費」です。

一人暮らしであれば、あなた自身が気をつけるだけでいいのですが、
家族が増えてくると、一致団結して省エネに取り組まないと光熱費の
節約は難しいといえるでしょう。

例えば、電気代で考えて見ましょう。
使わない部屋の電気を消したり、待機電力をカットする目的で主電源や
プラグを抜くと効果的だということは知られています。

これは、家族全員が気をつけなければ、実践することは難しいですね。

一人で頑張って主電源を切ったりしていても、その横で、電気をつけた
ままにされていたりすると、全く意味がないわけです。

また、お風呂に入る時に、なるべく短時間で、間を空けずに入浴すると
追い焚きをしなくても済むかもしれません。
シャワーの際に沸かしますので効果は薄いかもしれませんが、それでも
節約にはつながるでしょう。

水道代も、流したままの状態を放置しないように気をつけて、使用量を
減らすことで節約できます。

これらは、家族が嫌がっていては実行できませんよね。
旗振り役のお母さんあたりが強制的にやらせても、その他の家族の不満が
たまってしまうと、家族の仲にひびが入るおそれもあります。

極端な話をしますと、省エネで一家離散という悲惨なケースもあるかも
しれません。

まずは、家族全員で節約できる体制つくりをするところから始めましょう。

みんなで光熱費の明細を毎月チェックして、目標を決めてゲームのように
行うのも効果的な方法です。

効果が目にみえることで、やる気がいっそう増してきます。

節約してその分を貯金していき、目標額になったら何かを購入する!と
いった馬の目の前に人参をぶら下げる式の、単純でありながら効果的な
方法でもいいかもしれません。

なんといっても、節約するために必要なことは「継続」です。
家族全員が楽しみながら頑張れるように、いろいろな工夫をするのも
長持ちするためのポイントです。

あまりにも細かくしすぎると、ゆっくりくつろぐ場所のはずの家が、
ギスギスして落ち着かなくなってしまいます。

乾いた雑巾を更に絞るのも結構ですが、適度にゆとりを持つ事も、
節約を続けるためのコツであるといえるのではないでしょうか。
ラベル:光熱費 節約
posted by マイホームもちま専科 at 09:08| 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
住宅ローン審査基準ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。