2010年06月02日

レジャー費用の見直しはどう行うと効果的か

「節約」と思うと、まず目に付くのがレジャー費用ではないでしょうか。

休日ごとに特に意識もすることなく出掛けると、毎回、多額の出費を
することになってしまい、家計が大赤字ということにもなりかねません。

当然ですが、レジャー費用も節約できます。
意識して節約することで、0円にする事も可能です。

とはいっても、休みの日もどこへも出かけずに、家ですごしましょうと
いった話ではありません。
家族みんなで楽しみながら、レジャー費用だけを抑える方法です。

その方法とは、「無料施設」を利用する事です。

例えば、食品や飲料メーカーの工場見学というのはいかがでしょうか。
入場料が必要なところも一部はありますが、基本的には無料で楽しめる
上に、試飲や試食などおついてきて、最後はお土産までついてきます。
工場への往復の交通費だけが必要な場合がほとんどです。
場所によっては、送迎バスまで手配してくれるところもあります。

飲食関連だけでなく、車工場や新聞工場などもいいかもしれません。
楽しめるだけでなく、社会勉強にもなりますね。
小さなお子さんのいる家族連れには最適ではないでしょうか。

近所に見学できる施設があれば交通費も抑えられます。
家の近辺に工場がないか調べてみるのもいいでしょう。

ただし、工場撤退を目指しての反対運動が行われているような地域に
お住まいであれば、「敵地」に乗り込むことになるわけですから、
不要な誤解を近所の方々にあたえないためにも注意しましょう。

工場などの施設だけでなく、地域にある大規模な公園にいったり、海や
山、川などに行くのもいいですね。

お弁当や水筒を持参して行けば、費用はほとんどかかりません。

テーマパークなどとはまた違う、自然とのふれあいが楽しめるというのは
気持ちのいいものです。

お金をかけずに楽しい休日を過ごせる方法はいくらでも見つけられます。
重要なことは、どこに行ったかではなく、誰とどのようにして過ごしたか?
だといえるでしょう。
posted by マイホームもちま専科 at 08:47| 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
住宅ローン審査基準ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。