2010年06月08日

家を買うときに必要なお金

ついに、お金がある程度たまってきたので、夢のマイホームを買おうと
思ったときに注意していただきたいことがあります。

家を買おうと思ったら、つい、家の購入金額だけを気にしてしまうことが
多いと思いますが、それ以外にも様々な費用が必要なことはご存じ
でしょうか?

住宅を購入される場合には、その費用もしっかりと予算に入れておき、
家の値段より少し多めに見積もっておくと良いでしょう。

それでは、建て売りの物件を購入した場合を例にして、住宅・土地以外に
必要な費用をご紹介してまいります。

1.仲介手数料
 売主との間に仲介業者を挟んだ場合に必要です。

2.登記費用
 登録免許税と司法書士手続き代行手数料です。
 ご自身でできるのであれば、税金のみとなります。

3.表示登記料
 登記簿謄本の作成費用です。
 ご自身でできるのであれば不要です。

4.火災保険料

5.固定資産税

6.都市計画税

7.引っ越し費用

8.家具家財費用

9.防犯対策費用

以下は、住宅ローンを利用する場合に発生する費用です。
住宅購入費用および上記の1〜9を全額を現金で支払える方には不要
ですが、ほとんどいないと思います。

10.保証保険料

11.出資金

12.印紙代

13.借り入れ手数料

建て売りではなく、家を新たに建てる場合は、1〜9(もしくは13)
以外にも、地鎮祭・上棟式や、地盤調査なども必要です。

既存の住宅地の中に新たに住宅を建てる場合には、建築中の騒音で迷惑を
かけることが多いため、近隣の家への挨拶の品などが必要な場合もある
でしょう。

新築の場合、家の購入金額に対して、5%前後が諸費用として必要だと
言われています。
4000万円の家を購入した場合には、200万前後の諸費用が発生
するというわけですね。

家を購入される際には、家の価格だけをつい考えがちですが、それ以外の
費用の事も、必ず予算に入れておきましょう。

引っ越し費用は、あなたのやり方次第ですが、それ以外の諸費用は、
不動産会社が詳しく教えてくれるでしょう。

良く確認しておいてください。
posted by マイホームもちま専科 at 08:34| 家を買う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
住宅ローン審査基準ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。