2010年06月19日

「つみたてくん」を活用するメリットとは?

住宅金融支援機構(かつての住宅金融公庫)が発行していた住宅債券と
して、「つみたてくん」と言うものがありました。
現在は、募集は行われていませんので、申込はできません。

現在借りている方に対してのメリットをご紹介します。

「つみたてくん」という名前だけ聞くと、その名の通り、お金を積み
立てるイメージがあると思いますが、住宅債券にはどのようなメリット
があるのでしょうか?

「つみたてくん」とは、積立期間が3年〜5年で、20万、40万、
60万を7〜11回積み立てる制度のことです。
半年に1回積み立てを行い、積立総額は140万〜660万程度になり
ます。

平成17年までは、毎年2回、6月と10月に募集をしていました。
先ほども申しましたように、現在は新規募集をしていません。
「つみたてくん」の仕組みやメリットが分かっても、購入出来ません。

なお、平成16年までに購入した人は、その積み立て期間が終了して
満期になった時点で終了になるようです。

「つみたてくん」のメリットをご紹介します。
まず利回りが良いことが言えるでしょう。

固定金利の1年複利です。
他の金融商品と比べても利回りは良かったため、住宅を購入する目的が
ない人でも購入していたようです。

債券購入から10年後に満期を迎えますが、1年経てば途中解約する
こともできますし、元本も保証されています。
つまり、リスクの低い、安心できる金融商品だといえるでしょう。

また、7回以上積み立てると割増融資が利用できる、融資の審査で収入
基準が緩和されることなどといったメリットがあります。
(現在積立中の方であれば、住宅融資を受けることが可能です)

メリットの多い「つみたてくん」ですから、ぜひまた新規募集を再開
してほしいです。
posted by マイホームもちま専科 at 08:53| 家を買う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
住宅ローン審査基準ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。